注目の記事 PICK UP!

(2)シストレ初心者入門!FXの自動売買ならMT4でしょ!

【システム詳細はこちら】



昔は難しかったシストレ自動売買

システムトレードとは、『売買条件を組み合わせてトレードルールを作り、そのロジックに従うことで、裁量を入れずに売買判断を行う投資手法』です。このトレードルールに自動売買機能を搭載したものがEAであり、これを入手してしまえば、実際の運用までの流れはとてもシンプルです。それでも昔は、「言うは易し行うは難し」で、その一番の理由はどんなに知識を持っていても、ハードウェア環境、ソフトウェア環境、そして通信環境が技術的に追いついていなかった。また日本でのFXの個人への解禁、そしてネット環境の目覚しい進化で自動売買が容易に可能となりました。

ドンドン下がる、シストレの障壁

例えば、どんなに素晴らしいトレードのアイディアがあったとしても、それが本当に儲かるのかを検証するためのツール、またトレードを執行するためのツールがなければ自動売買は実現できません。この一連の流れを実現してくれるソフトウェアが『MT4』です。MT4を使用すれば、自分で組んだロジックがどんな通貨ペアで、どんな時間軸で、どんな検証期間で、どれだけの運用パフォーマンスが得られるかが直ちに検証できます。検証のみならず、mql言語によるプログラミング(システム開発)、最適パラメータの設定、そして自動売買の執行まで、これ1つでまかなうことができます。

現在の自動売買のスタンダード、MT4

現在、日本人だけではなく、世界中のトレーダーの心をしっかりと掴んで離さないツール、それが『MT4』です。MT4はチャートソフトのみならず自動売買機能がありますから、自分でパラメータを設定したら、あとは自動で・・・例え自分が仕事をしていても、寝ていても、ロジックに応じた売買をしてくれます。ただ、安定した損益を叩き出せるかは、このMT4に組み込むEA(自動売買システム)ロジックに掛かっています。まずここでは、FXで自動売買をするなら『MT4』と覚えておきましょう。

【EAスペック詳細はこちら】



No1のEAは、ここをクリック! →


関連記事

  1. (1)儲かるMT4のEA(自動売買システム)とは?

  2. (4)MT4でバックテストをする方法

  3. (11)自己開発EAがやっぱり安心。少なくとも開発者の設計ポリシーは要チェック!

  4. (9)自動売買(システムトレード)と裁量トレード、どっちが優れているの?

  5. (3)MT4のStrategy Tester Report用語と意味

  6. (5)MT4におけるEAのパラメーター変更の方法

  7. (7)EA運用のためのFX業者選定で抑えたいポイント!

  8. (8)EA運用に適したFX業者は?

  9. (12)有限要素法(FEM)+自己復帰(Feed Back)といっても・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加中ランキング

No1のEAは、ここをクリック! ↓


運用人気ランキング

PAGE TOP